MENU

アドセンス審査用ブログの作り方!最短1週間で合格可能【2020年最新】

2020 7/23
アドセンス審査用ブログの作り方!最短1週間で合格可能【2020年最新】

今回は、Googleアドセンス審査に合格するためのブログ作り方について、2020年2月最新情報で解説していきます。

合格しづらくなったといわれるアドセンス審査ですが、このサイトを参考に実践してもらって人は皆さん一発合格をされています。

Googleアドセンス合格2020
Googleアドセンス合格2020

キチンと審査基準を満たしたブログを作成すれば、誰でも審査を突破することは可能です。

一度落ちてしまったけどどうすればいいのと悩んでいる人も、この記事を参考に諦めずにチャレンジしてみてください。

実際に2020年1月に合格したサイトを合格した時の状態で公開しています。(記事の最後のリンクがあります)

目次

アドセンス審査は無料ブログでも申請できる?

アドセンス審査は無料ブログでも申請できる?

アドセンス審査に挑戦しようと思った人の中には、すでに無料ブログを運営している人もいるかと思います。

しかし、2020年現在では、無料ブログではGoogleアドセンス申請が出来なくなっています

※独自ドメインが必須条件。

その為、Googleアドセンス審査のためのブログを作成するためには、Wordpressを立ち上げ独自ドメインでブログを作成しましょう。

アドセンス審査に合格するブログを作成する前に準備するモノ

アドセンス審査に合格するブログを作成する前に準備するモノ

ブログを開設する前に、これからブログを始めるにあたって準備しておくと便利な2つツールを紹介します。

その便利な2つツールというのが、次の2点になります。

①ブログ運営用のメールアドレス

ブログ運営用のメールアドレスを作成して、管理しやすいようにしておきましょう。

ブログ運営に必要なサービスごとに、お支払い情報や、サイトの運営に関するメールが送られてきますのでまとめておくと便利です。

メールアカウントは、Googleアカウントがオススメです。

②クレジットカード

サーバーやドメインの契約の他、テンプレートの購入やツールの購入など、これから支払いをする機会が多くなります。

その度に、銀行に振り込みに行ったり、コンビニ払いをしていたのでは時間が勿体ないですし、かなりの労力を要します。

支払いができず契約が進まなくて何もできない…という事態にもなりますので、支払いや契約をスムーズにするためにもクレジットカードを用意しておきましょう。

※ご自身名義のものでなくても大丈夫です。

ブログ開設はWordpressで始めよう!

ブログ開設はWordpressで始めよう!

ブログを収益化をしていく上では、ブログ選びがとても重要です。

無料ブログを検討する人もいるかもしれませんが、稼ぐことが目的であれば「Wordpress」一択となります。

※無料ブログではアドセンス申請をすることが出来なくなりました。

費用が掛かるといっても、たった月1000円ほどの経費です。

WordPressでブログを始める前に

ブログを始める前に、ブログを開設するまでのイメージのお話をします。

ブログ開設は、よく家を建てる工程に例えられます。

① 土地を決めて ⇒ レンタルサーバーの契約 (15分)

② 住所を決めて ⇒ 独自ドメインの取得 (15分)

③ 家を建てる ⇒ WordPressの設置 (15分)

④ 家具を揃える ⇒ テーマ、初期設定 (60分)

このステップに沿ってやっていけば、Wordpressでブログを開設することができます。

① レンタルサーバーを契約する

レンタルサーバー契約「wpX Speed」

ではまずブログを開設する前に、住む土地の契約「レンタルサーバーの契約」をしていきます

本サイトでは、国内最速の表示速度と、2.5TBの大容量の転送量を提供している「wpX Speed」をオススメしています。

② 独自ドメインを取得する

独自ドメインを取得する

土地が決まったら(レンタルサーバーの契約)、次は住所決め「独自ドメインの取得」です。

独自ドメインは、先ほど登録をした「wpX Speed」で取得をしましょう

レンタルサーバーと同じサービスで契約することで、管理や支払いがとても楽になりますよ!

③ WordPressを設置する

Wordpressを設置する

住所が決まったら(独自ドメイン)、住所登録をして、建売の物件を買う工程「Wordpressの設置」になります。

WordPressの設置は、管理画面から簡単に行うことができますよ!

④ テーマ(テンプレート)の選択

テーマ(テンプレート)の選択

WordPressをインストールしたら、Wordpressのテーマを決めましょう。

テーマには無料と有料のものがありますが、WordPress初心者の方には有料テーマをオススメしています。

金銭的に難しい場合には無料テーマの「cocoon」が無難です。

ブログの開設出来たら必要なサービスに登録をしよう!

ブログの開設が完了したら、必要なサービスに登録しましょう。

必要なサービスとは以下の2つです。

・Googleアナリティクス

・Googleサーチコンソール

では、それぞれ解説をしていきます。

Googleアナリティクスの登録

Googleアナリティクスの登録

WordPressでブログを運営していくなら、「Googleアナリティクス」の登録は必須となります。

登録するだけで簡単にアクセス解析ができるので、記事を書き始める前に登録・導入を済ましておきましょう。

Googleアナリティクスの登録方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

Googleサーチコンソールの登録

Googleサーチコンソールの登録

WordPressでブログ運営をしていく場合、「Googleサーチコンソール」も必須ツールとなります。

Googleアカウントの作成と、Googleアナリティクスを登録が済んでいれば、簡単に登録・設定が出来ますよ。

Googleサーチコンソールの登録方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

必要な項目の作成

ブログの作成が完了したら、アドセンス審査に合格するために必要な項目について解説していきます。

アドセンス審査に合格するために必要な項目は次の4点です。

  1.  プロフィールの作成
  2. お問い合わせフォームの作成

  3. プライバシーポリシーの作成

  4. グローバルナビゲーションの設置

それぞれ、関連記事にて解説していますので参考にしてみてください。

1.プロフィールの作成

2019年最新,アドセンス審査,合格,審査用ブログ,作り方

どんな人がブログを運営しているのかを明確にすることで、アドセンス審査に合格しやすくなると言われています。

その為、プロフィールをサイドバーに必ず設置しましょう。

プロフィールの設置方法についてはこちらの記事で解説をしています。

2.お問い合わせフォームの作成

2019年最新,アドセンス審査,合格,審査用ブログ,作り方

ブログの運営に、お問い合わせフォームは必須になります。

また、アドセンス審査に関しても、お問い合わせフォームの設置は必須となっています。

プラグインで簡単に設置することできます。

設置方法については、こちらの記事で解説しています。

3.プライバシーポリシーの作成

2019年最新,アドセンス審査,合格,審査用ブログ,作り方

個人で運営するブログでもプライバシーポリシーは必須です。

そんなプライバシーポリシーはコピペで簡単に作成することが出来ます。

トレンドブログや特化サイトでは、個人情報の使用方法は限られていますので難しく考える必要はありません。

こちらの記事を参考にしてみてください。

4.Wordpressヘッダーメニュー(グローバルナビゲーション)の設置

2020年最新,アドセンス審査,合格,審査用ブログ,作り方

WordPressメニューの設置も、アドセンス審査の合格に大事な要素となっています。

簡単な操作で設置することが可能ですので、必ず設置をしておきましょう。

設置方法については、こちらの記事で解説しています。

ブログ審査用の記事を書く

アドセンス審査の合格に必要な項目をクリアしたら、次はいよいよアドセンス審査用のブログを書いていきます。

これは、「自分の書きたいこと」を書くのではなく、「アドセンス審査用の記事を書く」という感覚を大事にしましょう。

アドセンス審査用の記事が無駄になることはありませんので、割り切って書いていきましょう。

※ドメインが変わらなければ、テーマの変更、ブログ審査用に書いた記事を削除しても大丈夫です。

ブログ審査用の記事を書く前に

なぜ、アドセンスの広告を貼るために審査に合格する必要があるのか

アドセンス審査合格にとても大事な事ですので、説明させていただきます。

Googleアドセンスの審査では、そのサイトがGoogleAdsenceのプログラムポリシーに準拠しているかを審査しています。

つまり、

このサイトなら広告を提供しても大丈夫!と、信用できるサイトかどうかを審査しています。

グーグルが提供している広告には、必ず広告主がいます。

その広告主にとって、他人の誹謗中傷をするサイトや、アダルトな内容を掲載しているサイトに広告を貼られてしまっては会社のイメージダウンとなります。

そのような事態を避けるためにも、明確に基準を設けて、広告を提供するサイトを審査しています。

グーグルの禁止コンテンツ(テーマ)

グーグルでは、次のコンテンツに関しては、ポリシー違反として禁止をしています。

アダルト コンテンツ
家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
アルコールに関連するコンテンツ
タバコに関連するコンテンツ
ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
ヘルスケアに関連するコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連するコンテンツ
衝撃的なコンテンツ
武器および兵器に関連するコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

引用元:Googleアドセンスサイト ポリシー禁止コンテンツ

上記の禁止コンテンツに関する「言葉」についても、ポリシー違反となる場合がありますのでお気を付けください。

また、禁止コンテンツとはなっていませんが、

  • 健康(サプリ、ダイエットなど)
  • 美容
  • 育児(教育法や、成長に良い食べ物はこれ!など)

なども、専門的な知識を持っているのかどうかを証明できない場合には、避けたほうがいいとされています。

ブログ審査用の記事を書くポイント

ブログ審査用の記事を書くポイント

アドセンス審査や、グーグルの禁止コンテンツ(ポリシー違反内容)を理解したところで、実際に、ブログ審査用の記事を書いていきましょう。

ブログ審査用の記事を書く際には、次のポイントを参考にしてみてください。

①1つのジャンルに絞る

②記事カテゴリは1つ

③タイトルは30~34文字

④文字数は2000文字以上

⑤見出し2を3つ以上使う

⑥文字の装飾する

⑦アイキャッチ画像を挿入する

⑧「Feach as Google」でインデックスさせる

⑨投稿記事は5記事

それぞれ解説していきますね。

①1つのジャンルに絞る

記事の内容「ジャンル」は1つに絞りましょう

趣味もしくは、好きな事や得意な事、自分の言葉で質の良い記事を書けるジャンルがベストです。

アドセンスの審査に合格しやすいジャンルとしては、

・グルメ系

・旅行系

・教材系

・ガジェット系

などになります。

②記事カテゴリは1つ

2020年の傾向としては、カテゴリ1つでもしっかり内容のある記事を書けばアドセンス審査に合格できます。

また、カテゴリが増えることで、各カテゴリでそれぞれしっかり記事を書かないといけないデメリットもあります。

その為、カテゴリは1つに絞り、濃い記事を書くように心がけましょう。

③タイトルは30~34文字

タイトルは「一目で何について書いた記事なのか」分かるようなタイトルをつけましょう。

NGなタイトルがこちらです。

NG ⇒ オススメの時短料理!

このように、短すぎるタイトルはNGです。

また、記事の内容と関係ないタイトルも絶対にやめましょう。

参考例がこちらです。

OK ⇒ 冬にオススメの時短料理3選!レンジを使って簡単モテレシピ!

また、同じようなタイトル(内容)の記事は、アドセンス審査用のブログでは好ましくありません。

  • にオススメの時短料理3選!レンジを使って簡単モテレシピ!
  • にオススメの時短料理3選!レンジを使って簡単モテレシピ!
  • にオススメの時短料理3選!レンジを使って簡単モテレシピ!

このような使いまわしはやめましょう!

④文字数は2000文字以上

文字数は2000文字程度を目標にしましょう

絶対に2000文字は必要!という事ではありません。

価値のあるコンテンツを作成しようと思うと、記事のボリュームは2000文字くらいなるという考え方です。

もし書き方が分からない場合には、ブログ記事の書き方テンプレートを参考にしてみてください。

⑤見出し2を3つ以上使う

見出し2は3つ以上使いましょう

見出しを使うことで、記事が読みやすくなり、ユーザーからの評価も良くなります。

また、見出しを利用することで、ライティングがしやすくなるメリットもあります。

⑥文字の装飾する

文字に装飾をすることも、ユーザーからの評価を得やすくなるので、アドセンス審査の合格に大事な要素となります。

しかし、装飾の多用は厳禁です。

あくまでも、見やすさのための装飾であって、装飾のやり過ぎで見づらくなってしまわないように気をつけましょう。

⑦アイキャッチ画像を挿入する

アイキャッチ画像には、必ずフリー画像を利用しましょう

フリー画像に簡単なテキストを挿入するだけで、簡単にアイキャッチ画像は作成できます。

アイキャッチ画像の作成方法については、こちらの記事で細かく解説しています。

⑧「Feach as Google」でインデックスさせる

投稿した記事は、必ず「Feach as Google」でインデックスさせましょう。

サイト立ち上げ初期は、記事を投稿してもなかなかインデックスされません。

インデックスされていない記事は評価されません(評価しようがない)ので気をつけましょう。

①検索窓にURLを入力

Googleサーチコンソールを開いて、上部にある検索窓に、インデックスさせたいURLを入力して[Enter]をクリックします。

※「https://~/」まで

2019最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

②インデックス登録をリクエスト

データの取得が完了したら、「インデックス登録のリクエスト」をクリックします。

※キャプチャーを撮る前にインデックスされてしまいました…。

データの取得が完了すると、インデックス(登録)されているかどうかの結果が表示されます。

この時に「登録されていません」と表示される場合、インデックスがされていない状態ということになります。

テストが完了(1~2分)すると、数分から数十分後にインデックスされます。(インデックススピードは、その時によってまちまちです)

③インデックスされたかどうかの確認方法

無事にインデックスされたかどうかは、インデックスしたい記事のURLの頭に「site:」をつけて検索すると調べることが出来ます。

【例】site:https://isaostyle.com/googlesearchconsole-setting/

検索結果に、投稿した記事が表示されれば、インデックスが完了しています。

「Feach as Google」の使い方については、こちらの記事でも解説をしています。

⑨投稿記事は5記事で十分

投稿記事は5記事で十分です。

中には3記事でもアドセンス審査に合格した!という人もいます。

上記のポイントを押さえ、1日1記事(全5記事)、サイト運営期間は1週間でアドセンス審査に挑戦しましょう。

もし1日で5記事書いた!という人については、Wordpressの予約投稿機能を使いましょう。

日付を指定することで、予約投稿することが出来ます。

見本サイトがこちら

2020年1月にアドセンス審査に一発合格した実際のサイトがこちらです。

\2020年1月に合格!/
あちゃブログ

2019年12月31日に開設して、4日後の2020年1月3日にアドセンス審査に申請。

1日1記事ペースで記事を投稿して、申請後の5日目に5記事目を投稿しました。

その後は結果が来るまで放置し、10日後に合格通知が来ました。

※こちらのサイトで公開している記事は、実際にアドセンス審査に申請した時のまま残してあります。

アドセンス審査に合格するブログの作り方まとめ

アドセンス審査に合格するブログの作り方

今回は、アドセンス審査に合格するブログの作り方を紹介させていただきました。

アドセンス審査までに挫折する人がとても多い現実にビックリし、何かお役に立てることがあればと思いこの記事を書きました。

2020年現在では、

・ブログ記事は5記事

・文字総数は10000文字

・運営期間は1週間

この条件でも合格が可能です。

この記事によって、一人でも多くの人がアドセンス審査に合格し、ブログでの副業をスタートさせることが出来ればと思っています。

また、分からないことなどあればいつでもお問い合わせください。

ツイッターや、LINE@からのお問い合わせがスムーズです。

ご連絡お待ちしています。

この記事を書いた人

青木いさおです。


僕は現在、ブログで稼げるようになったことをキッカケに、自分のやりたいことや理想を一つずつ叶えることが出来ています。


つまり、パソコン1台で人生が変わりました。


 


しかし、


機械音痴な僕にこんな人生が待っているとは全く想像もしていませんでした。


周りに流されず、家族の顔色を伺うことを辞めた途端、それまでくすぶっていた感情や想いが溢れ、僕の人生は加速しました。


自分の好きなだけ仕事をして、好きなだけ子どもと遊んで、好きなだけお酒を飲んで、好きなだけチャレンジする。


そんな毎日を送ることが出来ています。


 


そんな僕がどのようにしてブログを始め、現在の、自分の理想を叶えることに全力で取り組むことが出来ているのか。


興味のある方はプロフィールをご覧になってみてください!

ブログで稼ぐ方法を学べる無料オンライン講座

コメント

コメントする

目次
閉じる