2020最新!googleサーチコンソールの登録方法!ドメイン設定・使い方まで解説!

今回は、Googleサーチコンソールの登録方法や、ドメイン設定・使い方について2020年の最新版で解説していきたいと思います。

Googleサーチコンソールは、運営しているサイトが、問題なく運営されているのかを判断してくれます。

サイト運営初心者でも必須のツールとなりますので、この記事を参考に登録・設定を行っておきましょう。

使い方に関しては、「Fetch as Google」など、初心者がマスターしたい3つの機能について解説しています。

目次

Googleサーチコンソールとは?

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

Googleサーチコンソール(search console)は、Webサイトを所有している開発者や運営者に向けて、Googleが提供している計測ツールです。

無料で利用することができ、サイトが正常に運営されているかを自動で診断してくれます。

また、

・ページのクリック数

・クリック率

・検索順位

・ユーザーがどんな検索ワードで検索しているのか

などが分かるので、運営しているサイトを改善することにも活用することが出来ます。

そして「Fetch as Google」で投稿した記事を即インデックスしてくれる機能もあるので、サイト運営者必須のツールと言えますね。

2020最新!googleサーチコンソールの登録・設定方法!

では、Googleサーチコンソールの登録方法について解説していきたいと思います。

初心者でも分かりやすいように、画像付きで解説していきます。

1.Googleサーチコンソールにアクセス

Googleサーチコンソールのサイトにアクセスをします。

Googleサーチコンソールはこちら

サイトにアクセスしたら、「今すぐ開始」をクリックします。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

2.Googleアカウントでログイン

Googleアカウントのログイン画面が表示されますので、ご自身のGoogleアカウントでログインをします。

※パスワードの入力は、ログイン方法によって異なります。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

もしGoogleアカウントの取得が済んでいない場合には、「アカウントを作成」から新規作成を行いましょう。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

※ブログ用に別のアカウントを取得することをオススメしています。

Googleアカウントの取得方法については、こちらの記事で詳しく解説をしています。

また、案内が表示された場合には、「同意します」をクリックします。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

3.ドメインで登録

登録方法が「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2つから選べますが、「ドメイン」を選択しましょう。

①自身のサイトのドメインを入力

②続行をクリック

(自身のサイトの初めの”https://”を除いたものです)※自身で作成した独自ドメイン名

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

4.TXTレコードをコピー

TXTレコードをコピーします。※「TXTレコード」や「DNS設定」など、聞きなれない言葉が多く出てきますが、理解しなくても設定は出来ますので気にせず手順を進めていきましょう。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

※このページは残しておいてください。

5.TXTレコードをDNS設定に追加する

先ほどコピーした「TXTレコード」を、DNS設定に追加していきます。

wpXの管理画面を開きます。

※先ほどとは違う、新しいページを開いて設定を行っていきましょう。

①DNS設定をクリック

サーバー管理を選択して、「DNS設定」をクリックします。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

②対象ドメインを選択

対象ドメインを選択します。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

③DNSレコードを追加する

DNSレコードを追加していきます。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

①DNSレコードを追加を選択

②設定するホスト名(ドメイン名)を選択

③TXT(テキスト)を選択する

④先ほどコピーしたTXTレコードを貼り付ける

⑤DNSレコードの追加をクリック

6.確定をクリック

内容を確認して、確定をクリックします。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

7.設定が完了しているか確認

TXTレコードをコピーした画面に戻り、「確認」をクリックします。

※DNSレコード設定には半日ほど時間がかかります。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

設定が完了していると、「所有権を確認しました」という画面が表示されます。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

これで、サーチコンソールの設定は完了になります。

「ドメイン」と「URLプレフィックス」の違いは?

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

新しいGoogleサーチコンソールでは、登録方法に「ドメイン」が追加され、「URLプレフィックス」の2つから選ぶことが出来るようになっています。

この2つの違いを簡単に説明すると、

「ドメイン」⇒ドメインレベルのすべてのURLを登録

「URLプレフィックス」⇒特定のURLのみを登録

このようになります。

※「URLプレフィックス」が従来の登録方法になります。

「ドメイン」と「URLプレフィックス」の違いは?

では、「ドメイン」で登録するとどうなるのかについて説明していきます。

本サイトのドメインは「isaostyle.com」ですが、

上記のどのURLでアクセスをしても、同じページにアクセスされます。

しかし、各URLそれぞれ「別のURL」として認識され、それぞれ別でデータが収集されます。

その為、「URLプレフィックス」で登録をする時には、それぞれのURLを登録する必要があります。

その面倒を問題を解決してくれるのが、「ドメイン」での登録です。

「ドメイン」の登録では、「isaostyle.com」このドメインレベルのURLすべてをまとめて登録をしてくれる、便利な登録方法と言えますね。

2020最新!googleサーチコンソールの使い方

本記事では、サイト運営初心者(投稿記事100記事以下)向けに、Googleサーチコンソールの主な使い方について解説していきます。

初心者の方がマスターしたい、Googleサーチコンソールの主な使い方が次の3つです。

・Fetch as Google

・URLの削除

・サイトマップ

では、それぞれ解説していきたいと思います。

Fetch as Google

サイト運営初期のころは、記事を投稿してもすぐにはインデックスしてくれません。

その為、「Fetch as Google」を使って即インデックスさせます

※インデックス:投稿した記事が検索結果に反映されること

①検索窓にURLを入力

Googleサーチコンソールを開いて、上部にある検索窓に、インデックスさせたいURLを入力して[Enter]をクリックします。

※「https://~/」まで

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

②インデックス登録をリクエスト

データの取得が完了したら、「インデックス登録のリクエスト」をクリックします。

※キャプチャーを撮る前にインデックスされてしまいました…。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

データの取得が完了すると、インデックス(登録)されているかどうかの結果が表示されます。

この時に「登録されていません」と表示される場合、インデックスがされていない状態ということになります。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

テストが完了(1~2分)すると、数分から数十分後にインデックスされます。(インデックススピードは、その時によってまちまちです)

③インデックスされたかどうかの確認方法

無事にインデックスされたかどうかは、インデックスしたい記事のURLの頭に「site:」をつけて検索すると調べることが出来ます

【例】site:https://isaostyle.com/googlesearchconsole-setting/

検索結果に、投稿した記事が表示されれば、インデックスが完了しています。

2020最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

URLの削除

一度投稿した記事は、URLを削除することをオススメしています。

※残された404ページが、コンテンツの価値が低いページとして、Googleから低評価を受ける可能性があります。

①旧バージョンに戻す

URLの削除は旧バージョンの機能の為、メニューの一番下にある「以前のバージョンに戻す」をクリックします。

2019最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

②「URLの削除」をクリック

ダッシュボードの中から、「Googleインデックス」を選択し、「URLの削除」をクリックします。

2019最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

②削除したいURLを入力

「一時的に非表示にする」をクリック。

削除したいURLを入力して、「続行」をクリックします。

2019最新,googleサーチコンソール,登録方法,設定,使い方,Fetch as Google

数日後に、URLが削除され、検索結果から除外されるようになります。

サイトマップ

Googleサーチコンソールの、サイトマップの登録方法については、こちらで詳しく解説しています。

【参考記事】

 ※準備中

まとめ

今回は、Googeサーチコンソールの登録方法や、ドメイン設定・使い方について2020年の最新版を解説させていただきました。

サイトが正常に運営されているかを自動で診断してくれ、記事を即インデックスしてくれる心強いツールです。

慣れてきたら、使い方や、Googleサーチコンソールの見方はマスターしておきましょう。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

ブログで稼ぐ方法を学べる無料オンライン講座




この記事を書いた人

青木いさおです。
僕は現在、ブログで稼げるようになったことをキッカケに、自分のやりたいことや理想を一つずつ叶えることが出来ています。
つまり、パソコン1台で人生が変わりました。
 
しかし、
機械音痴な僕にこんな人生が待っているとは全く想像もしていませんでした。
周りに流されず、家族の顔色を伺うことを辞めた途端、それまでくすぶっていた感情や想いが溢れ、僕の人生は加速しました。
自分の好きなだけ仕事をして、好きなだけ子どもと遊んで、好きなだけお酒を飲んで、好きなだけチャレンジする。
そんな毎日を送ることが出来ています。
 
そんな僕がどのようにしてブログを始め、現在の、自分の理想を叶えることに全力で取り組むことが出来ているのか。
興味のある方はプロフィールをご覧になってみてください!

ブログで稼ぐ方法を学べる無料オンライン講座

 




コメント

コメントする

目次
閉じる